HOME整備・車検 > 定期点検
整備・車検 MENU
定期点検
定期点検(法定12ヶ月点検)
 自動車には、走行距離や時間の経過に伴って摩耗劣化する部品が多く使用されています。そのため、年に一度は愛車の定期検診が必要です。 故障が発生する前の予防治療、これが安心してお乗り頂くためのポイントです。

義務付けられているってホント?
 自動車の点検・整備としては、車検時の点検整備(2年点検)がよく知られていますが、車検の翌年に行う12ヵ月点検(1年点検)も道路運送車両法などの法令により自動車使用者などに実施が義務付けられています。

どうして必要なの?
 自動車は、数万点にも及ぶ機械部品、電子部品、油脂類などによって作られており、「使用に伴って摩耗損傷するもの」「使用状況に関係なく劣化するもの」「使用しないために劣化するもの」に区分できます。したがってトラブルなく安心して自動車に乗って頂くためには定期的な点検・整備が必要となる訳です。
点検項目

エンジンルーム点検
1. パワー・ステアリングベルトの緩み、損傷
2. スパークプラグの状態
3. 点火時期
4. ディストリビュータのキャップの状態
5. バッテリーターミナル部の緩み、腐食
6. 排気ガスの色
7. CO、HCの濃度
8. エア・クリーナ・エレメントの汚れ、詰まり、損傷
9. ファンベルトの緩み、損傷
10. 冷却水の漏れ

室内点検
1. ブレーキペダルの遊び
2. ブレーキペダルの踏み込んだときの床板との隙間
3. ブレーキの効き具合
4. パーキング・ブレーキ・レバー(ペダル)の引きしろ、踏みしろ
5. パーキング・ブレーキの効き具合
6. クラッチペダルの遊び
7. クラッチペダルを切ったときの床板との隙間

足回り点検
1. ブレーキディスクとパッドとの隙間
2. ブレーキ・パッドの摩耗
3. ドラムとライニングとの隙間ブレーキ・シューの摺動部分、ライニングの摩耗
4. タイヤの空気圧
5. タイヤの亀裂、損傷
6. タイヤの溝の深さ、異常摩耗
7. スペア・タイヤの空気圧
8. タイヤホイールのナット・ボルトの緩み
9. ブレーキマスタシリンダの液漏れ
10. ホイール・シリンダの液漏れ
11. ディスク・キャリパの液漏れ

下回り点検
1. トランスミッション、トランスファのオイル漏れ、オイルの量
2. プロペラシャフト、ドライブ・シャフトの連結部の緩み
3. エンジンオイルの漏れ
4. ブレーキ・ホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態
5. エキゾースト・パイプ、マフラの取付けの緩み、損傷、腐食
6. 遮熱板の取付けの緩み、損傷、腐食
定期点検価格表

区分 自家用車 備考
6ヶ月 12ヶ月
軽自動車 3,150 8,400  
小型乗用車 4,200 9,450  
中型乗用車 5,250 12,600  
大型乗用車 6,300 13,650  
貨物1トンクラス 7,350 -  
貨物2トンクラス 8,400 -  
貨物3トンクラス 10,500 -  
貨物4トンクラス 14,700 -  

軽自動車 ミラ、アルト、ムーヴ、ワゴンR、タント、モコ、パレット
小型車 ヴィッツ、マーチ、キューブ、フィット、ティーダ、コルト
中型車 カローラ、マークX、ブルーバード、クラウン、セドリック
大型車 セルシオ、マジェスタ、プレジデント、シーマ、LS460
1BOX ボクシー、セレナ、エルグランド、アルファード、ハリアー
※部品代、追加整備が必要な場合は別途料金とさせて頂きます。
※外国産車については、上記料金の2割増となります。
日常点検

日常点検とは、お車にお乗りになる前に、お客様ご自身が行う点検です。

1. ブレーキ液の量
2. バッテリ液の量
3. 冷却水の量
4. エンジン・オイルの量
5. エンジンのかかり具合、異音
6. 低速・加速の状態
7. ヘッドランプ、ストップ・ランプ、ウインカ・ランプ等の点灯、汚れ、損傷
8. ウインド・ウォッシャ液の量
9. ウインド・ウォッシャ液の噴射状態
10. ワイパーの拭き取り状態
厳しき使われ方をした場合のメーカーの指定する点検

1. ステアリング・ギヤ・ボックスの取付けの緩み
2. ロッド、アーム類のボール・ジョイントのダスト・ブーツの亀裂、損傷
3. ブレーキ・ディスクの摩耗、損傷
4. ブレーキ・ドラムの摩耗、損傷
5. サスペンションの取付部、連結部の緩み、がた、損傷
6. ドライブ・シャフトのユニバーサル・ジョイント部のダスト・ブーツの亀裂、損傷
7. 燃料漏れ