HOME鈑金・塗装 > 中破・大破(事故車)
中破・大破(事故車)
これからの車体修正の基本は・・・勘と経験に頼る修理ではなく、勘と経験を活かした数値に基づく修理。
 事故車修復では、近年の車体構造の変化に伴い、従来の修理方法や一般的な設備での修理では、修理精度と修理作業時間に大きく影響を及ぼし、品質確保が難しくなってきています。一般的に自動車製造メーカー発行の寸法図(平面投影、高さ・幅・長さ・角度)をもとに修理するのが基本です。
3次元の歪みをきっちり修正

 当社では、固定・計測・修正と車体修正には欠かせない3つの重要基本作業を同時に行える最新3次元フレーム修正機を導入しました。この最新フレーム修正機を用いる事で、骨格部位の位置だし精度が向上しボディーアライメントが1mm単位で正確に直せることで修理品質が格段に向上しました。

 
美しい仕上げは充実した設備による塗装環境から

 当社の高級塗装ブースは上下圧送式で塗装の際、ゴミ・ブツ等の低減化を実現しました。また色の配合をコンピュータで行い、さらに熟練の職人の目で確認するので限りなく元の色を再現でき、国産車はもとより外車全車種に対応できます。

 
厳正な検査で安心の1年保証
 修理を終えた車両は、当社検査員にて入念なチェックを行います。万一、検査で不合格になると修理担当者へ連絡し再修理となります。さらには厳正なチェックをパスした車両には1年保証(保証書)を発行致します。

安心の保証書 完成検査の様子